3年前の震災直前に人間ドックをしました
震災後まもなく結果が出てなんと、乳がんの検査で所見がありました
他のガンはまだあまり心配ないけど、乳がんは好発年齢です
あの時は地震よりもその事で精神的に大変でした

しかも、先輩が33才で乳がんを発症し、その1年前に42才で亡くなられたばかりだったので、その先輩から「がん検診はキチンと受けてね」と強く言い残されていたので、がん検診は毎年受けていました
そして、きちんと受診しました

しかし、エコーでは大丈夫だと思うが、太い針で穿刺の検査をすると言われて、経過観察を希望して拒否しました
その後の経過観察で、繊維線種(膿胞)と診断されて安心しました
水が溜まっているという事です

でも、心のどこかでは「いつガン化したら・・・」と、それがずーっと引っかかって心配でした
それから3年が経ち、昨日の定期受診でも大きさは変わらず安心しました
確か、3年前よりも小さくなっている感じがします

電磁波予防の為にブラのワイヤーを抜いたのが効果があったのか、食生活を変えた事が効果があったのかは分かりませんが、良い結果でしたー
どちらにしても続けま~す

「化学物質過敏症の専門医からの指示で食事療法をして自然食に変えましたー
とエコーの前に医師に説明して報告すると、「体質が変わるのが実感出来るほどでは余程良いのでしょう
と言われました

次の定期受診は半年後か1年後かを医師から聞かれて、初めて「1年後」という言葉が聞けて嬉しかったのですが、念の為に半年後にしました

でも、がん検診で所見があると精神的にはショックはあるけど・・・自治体のがん検診を受けるよりも精密に検査してもらえて、受診の方が患者の負担額が安いメリットもあります

私が昔から決めている事は・・・
もし、「ガンになったら3大療法は絶対にしない」と強く決めています
これを話したら長くなってしまいます
一言でいうと、ガン治療をしている医師や多くの医師は絶対に3大療法はしないという事です
徹底的に食生活を変えるという事です
詳しく知りたい方はメッセージでお願いします

そして、病院に行ったらとても大盛況でしたー
予約よりも少し早めに受付をしたら、午前中から混み合っているので1時間以上遅れていて9人待ちです・・・と言われたために、一度帰ってからまた行きました
受診している病院は、待合室を境に診察室とは反対側の建物に放射線療法室がある為に、どの患者さんが乳がんなのかがすぐに分かってしまいます
乳がんの方が増えているのが目に見えて分かります
アレルギーだけでなく、乳がんも生活環境が影響しているみたいですね~
食生活はもちろんですが、日用品の化学物質によって乳がんが増えているそうです

化学物質には特に影響ないから気にしなくて大丈夫・・・とは決して思わないでくださいね~
化学物質に反応しない事の方が、何とも思わずに使っていて大きな病気を招いてしまう・・・という事もありますからね~
の場合は、反応する事は大変ではありますが、それだけ化学物質を避けて生活しているので安全だと思います
どんな方でも、出来る限りは化学物質から離れて安全な生活をする事がベストだと思いま~す
何を食べて、何を使って来たのか・・・
その結果が病気を作ってしまいます


クリックをお願いします
  ↓
 にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

ご登録お願いします
Subscribe with livedoor Reader
ブログの更新をお知らせできます