資格取得への道のり

資格を目指しているみなさんを応援するブログです!! 看護師をしてましたが、化学物質過敏症が悪化してしまい、調子が良い時のみしか勉強出来ない状況ですが、資格取得に向けて勉強していま~す! お互いに合格を目指して頑張りましょう~!!

介護資格

問い合わせ

認知症予防専門士

HPを見ても今後の流れが分からない為に、電話をして問い合わせをしてみました

受験資格は、コチラの3つを満たしている方です
1、通算3年以上の実務経験
2、30単位取得
3、会員になる

まずは、試験までに単位を取得しなければならない為に、その予定について確認しました
単位取得には、試験まで2~3年はかかるようです
その単位を取得するためには、まずは年会費(¥5,000)を納入してからでないと、講座の申し込みが出来ません

30単位のうち、10単位は日本認知症予防学会学術大会(学術集会)の中の認知症予防専門士講座にて10単位を取得しなければなりません
これが、年に1回(毎年9月)ペースしかありません
(参加費合計 ¥16,000)
  
次回は、学術集会がH26年9月26~28日の3日間にあります
(参加費 ¥6,000)
その中で、認知症予防専門士講座が9月28日にあります
(参加費 ¥10,000)
9月28日の講座だけ参加しても10単位取得出来ます

受付は、H26年6月か7月頃に開始となり、定員に達したら締切です
まだ、日程表は公表されていません
昨年の日程表はコチラです
第3回(H26年)学術集会 日程表

そして、他の20単位については、日本認知症予防学会主催の認知症予防専門士講座か、日本認知症予防学会主催の学術講演会にてそれぞれ5単位ずつ取得出来ます
しかし、頻度が少ない為に、単位取得には時間がかかってしまいます

そうすると・・・
私を含めて、これから受験を検討している方は・・・

H26年9月 学術集会(認知症予防専門士講座)(10単位)東京
 
その後、
〇認知症予防専門士講座(5単位)
〇学術講演会(5単位)
にそれぞれ参加して5単位ずつ(合計10単位)を取得したとしても、合計20単位ですので、あと10単位が足りなくなってしまいます
 
という事は、H27年9月の学術集会(10単位)まで参加すれば、やっと受験資格が得られるという事になるようです

次回の試験予定もまだ決まっていないそうです
年度毎で行っていく予定となるそうですので、初回の試験はH27年の年明け過ぎになるだろう・・・との事でした
でも、これから検討する方は、単位が足りない為に、H28年の年明けの試験になるようです

そうすると、経済的にも負担が少なく、さらに勉強出来る期間が長くとれます
しかし
そこまでモチベーションを維持出来るかが、一番大変になって来るかと思います・・・

詳しくは、こちらのHPをご覧になってくださいね~
日本認知症予防学会

また、問い合わせ先についてはコチラです

<資格に関しての問い合わせ>
医療法人社団川瀬神経内科クリニック 総務課 (新潟県)
0256-33-9070

<学会に関しての問い合わせ>
日本認知症予防学会 事務局 (福岡県)
093-653-2122

それぞれ違うようですので、気をつけてくださいね


目指して頑張りましょうー


クリックをお願いします
  ↓
 にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

ご登録お願いします
Subscribe with livedoor Reader
ブログの更新をお知らせできます

終わった~!!

認知症予防専門士

やっとテキストを読み終えましたー

まずはとりあえず最後まで一通り読む予定が、とても引き寄せられる内容で、勉強させられる所がとても多くて、マーカーを引かずにいられず、大切な部分にマーカーも引き終わりました

認知症についても、認知症の病気についてだけではなく、認知症の検査や診断方法、治療についてなど医療的に深い部分もありますが、言葉の説明も多く書かれていて、分かりやすいです
介護面の、アクティビティやレクレーションについても、それぞれの持つ目的や効果などが詳しく書かれています
また、拒否や不穏症状などについても、どんな理由・どんな心理状態から起こるのか・・・なども詳しく書かれています
もちろん、教科書通りではないのが「人」ですけど

私が免許を取り仕事を始めた頃は、まだ認知症の薬は存在しておらず、介護保険制度が始まり、介護施設に勤務していた時には様々な事が変わっていましたが、さらに介護施設に勤務していた時と現在もあらゆる面で認知症に対しての対応がだいぶ変化して来ています

家族の立場・支援する立場としても、分からない事が不安へとつながってしまいますが、このテキストを読んだだけでも多くの事を知る事が出来て、認知症の未来は明るくなる様な感じがします

専門的なので難しい部分もありますが、その分とても奥深く学べて濃厚な知識が持てます

認知症を完全に治す事は出来ませんが、一次予防二次予防三次予防によって改善している結果が出ているようです
それによって、財政負担を削減する事が実現しているようです
ある自治体では、介護保険の申請が抑制できる事によって、介護給付が2361万円/年もの削減が出来て経済効果にもつながっているようです
もちろん、認知症予防が出来ているという事は、介護保険の削減だけではく、医療費削減にもつながる事になりますね

今後、勉強して行くのが楽しみです


目指して頑張りましょうー


クリックをお願いします
  ↓
 にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

ご登録お願いします
Subscribe with livedoor Reader
ブログの更新をお知らせできます

GETしましたー!

認知症予防専門士

テキストを取り寄せてやっとGETしました~

ninti2

まだ少ししか読んでいませんが、とっても奥深い知識が習得出来ます
資格名の通り認知症を予防するための専門士です
認知症について、医療と介護の両方の視点から学べる様な内容です

なぜこの資格が出来たのか・・・
厚労省が制度を変えた様です
なぜ、制度を変えたのか・・・
団塊の世代が65才になり、高齢者が増えると同時に認知症の増加に対応する為らしいです
今まで以上に医療と介護の連携を強化して行く方針のようです

認知症ケア指導管理士のテキストも読んでみましたが、認知症予防専門士の方が範囲も広くて、深い所まで学べます
認知症予防専門士の一部を学ぶのが認知症ケア指導管理士といった内容です

医療や介護の現場は多くが高齢者の方々です
そしてその中でも、認知症の方が多くいらっしゃいます
私が学生の時は、まだ介護保険制度がなくて、認知症については深く学びませんでしたが、医療の現場から介護の現場に入った時に、認知症の理解の必要性に直面しました
しかし、認知症の方々の理解は、学べば学ぶほど、見れば見るほどにとても奥が深くて楽しいものです
接していると、とっても可愛く思えて来るのです

医療や介護に携わっている方はもちろんのこと、地域で認知症の方を支援して行くという時代背景に変化して行くようですので、その様な仕事に携わっていなくてもとても価値ある資格だと思います

テキストの内容はこんな感じです
第1章、認知症とは
第2章、認知症予防に必要な知識
第3章、認知症の原因となる疾患
第4章、認知症診断に必要な検査法
第5章、認知症の治療
第6章、認知症のケアとリハビリテーション
第7章、認知症予防の実践
第8章、地域連携のあり方

とても分かりやすい内容で、医療や介護の予備知識がなくても分かる様に細かく分かりやすく表現されています

また、症例に基づいて、細かいところまで説明が書かれていますので、とても参考になります

私の場合は、医療施設の他に、介護施設もデイサービス、老健(認知症専門)、有料老人ホームなどを経験して、居宅や包括なども身近にみて学ばせて頂いた事もある為に、今までに携わった様々な症例に対しての経験からとても共感・理解を深める事が出来ています

この資格を学ぶ事、資格を取得する事が楽しみになって来ましたー

学会に参加して単位を取得するので、焦らずちょっと長めの期間を考えて勉強して行きたいと思います
でも、この資格はこれからオススメだと思います


目指して頑張りましょうー


クリックをお願いします
  ↓
 にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

ご登録お願いします
Subscribe with livedoor Reader
ブログの更新をお知らせできます

迷い中・・・

認知症ケア指導管理士

まずは、テキストを一通り読み終えましたー

<公式テキスト>
nintisyo

受験するかを主催側に相談中で、主催側で状況がまだ見えない様ですので検討中です
検討している資格が他にもいくつかあって、どれにするか悩み中です

でも、「介護=認知症の理解」はとても必要な事となりますので、介護施設に関わる方々は、この資格は取得していた方が良いと思います


クリックをお願いします
  ↓
 にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

ご登録お願いします
Subscribe with livedoor Reader
ブログの更新をお知らせできます

認知症ケア指導管理士

認知症ケア指導管理士

この様な資格です


高齢者の増加
内閣府の2011年版高齢社会白書によると、日本の65歳以上の高齢者人口は約2,958万人で、
総人口に占める割合(高齢化率)も23.1%と5人に1人を占めています。

認知症の増加
また、厚生労働省老健局の『認知症高齢者数について』(2012年8月)では、要介護認定データを基に「認知症高齢者の日常生活自立度Ⅱ」以上の認知症高齢者数を算出し、2012年は305万人と推測しています。
さらに、2020年には410万人、2025年には、470万人になると推計しています。
高齢者人口の増加に伴い、認知症高齢者は今後も増加していくことが予想されています。

認知症ケア指導管理士
今後ますます増えると思われる認知症の方への適切なケア、ケアを行う方への指導・管理を行える人材の育成など、介護・医療現場で認知症ケアに携わる方の専門性向上を目的に創設されました。
認知症ケア指導管理士を養成し、適切な認知症ケアを通じ、認知症の方やそのご家族に尊厳と安心を提供することで高齢社会を支え、広く社会に貢献できる人材の育成に努めます。

介護施設・医療機関等で介護に従事されている方、ご家族の介護を考えておられる方、介護のお仕事を考えておられる方への認知症ケア等の知識の習得を目指す為の資格です。

認定試験は年2回(7月および12月)開催予定、詳細につきましては認定試験案内をご覧ください。
「認知症ケア指導管理士」は商標登録です。

試験概要

試験日時
平成26年7月6日(日)

試験地
東京・大阪・札幌・仙台・名古屋・福岡・長崎 (予定)

受験料
一般 → 7,000円
学生 → 4,000円 (学生は大学生・専門学校生・高校生が対象です)

受験資格
資格や実務経験の有無に関わらず、どなたでも受験できます。

出題数・出題形式
60問・五枝択一(マークシート方式)

合格基準
問題の総得点の7割を基準として、
問題の難易度で補正した点数以上の得点の者

認定
合格者に対して財団法人職業技能振興会が認定します。

出題科目
  1. 認知症高齢者の現状
  2. 認知症の医学的理解
  3. 認知症の心理的理解
  4. 認知症ケアの理念と認知症ケア指導管理士の役割
  5. 認知症ケアの実際
  6. 日常生活支援
  7. 認知症への薬物療法
  8. 認知症への非薬物療法
  9. 家族への支援
  10. 認知症ケアにおける社会資源
  11. 応用問題(時事問題など)

受験料振込期間
平成25年11月1日(金)~平成26年4月25日(金)

受験願書提出期間
平成25年11月1日(金)~平成26年4月28日(月)

送付物
受験願書(写真をお貼り下さい)・学生証のコピー(学生のみ)

送付先
〒111-0053 東京都台東区浅草橋1-32-3 2階
財団法人職業技能振興会 資格取得キャリアカレッジ

合格通知
受験後約1ヶ月半で合否通知を郵送でお知らせします。

認定証の交付
試験合格者のみ、認定登録料2,000円を別途お振込みください。
お振込み確認後、財団法人職業技能振興会より認定証を交付します。

願書入手方法
[ ご郵送の場合 ]
資料請求よりご請求いただくか下記電話番号までお問い合わせください。
TEL:03-5823-7885(平日10時~18時まで営業)

[ インターネットでの場合 ]
下記より受験要綱と受験願書をダウンロードしA4白紙にプリントしてご使用ください。
受験願書をダウンロードする


公式テキスト
nintisyo

価格:2,100円(税込)
版型:A5版並製
頁数:200頁
監修:財団法人職業技能振興会
    一般社団法人 総合ケア推進協議会
出版:日本能率協会マネジメントセンター
平成24年(2012年)7月に改訂版を発行いたしました。

解説DVD講座
nintisyo2
ご自宅で試験対策に活用したい方におすすめのDVD講座です。
公式テキストをわかりやすく解説した講義を収録・予想問題も付属しています。


直前模擬試験対策講座

模擬問題の解答・解説を通じて知識を問う実践的な講座です。
受講生の合格率は約83%となり、実績のある講座です。


試験対策短期講座

認知症・認知症ケアを基礎から学習します。
過去の認定試験の傾向より、講師が試験対策のポイントを丁寧に解説します。

だんだんと合格率が下がって来ています

受験者の7~8割は介護業界の方、1~2割が医療関係の免許所有者だそうです

もしかしたら、受験料も安いので、ケアマネの試験と同じく、勉強しないで受けている人が多いのかも知れませんね~

目指して頑張りましょうー


クリックをお願いします
  ↓
 にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

ご登録お願いします
Subscribe with livedoor Reader
ブログの更新をお知らせできます

メッセージ

名前
メール
本文
クリックお願いします
記事検索
  • ライブドアブログ