ケアマネのお勉強

ケアマネジャーといい、正式名称は介護支援専門員です
介護のケアプランを作成するのは誰でも出来るのですが、医療や介護の専門的な知識がないと分からない為にケアマネがいます
ケアマネ所持者・・・約54万人
ケアマネの仕事をしている人・・・約13万人
多くがペーパーケアマネだそうです
看護師でケアマネを取得しても、ケアマネの仕事をしている人が少ない為でしょうか~
ケアマネは1人当たり38人ぐらいを担当しないと赤字になるようです
確かに、ケアマネの人を見ていると、離職率がとても高いですね~
そして、職場によって、とってもハードな職場と、暇そうな職場のギャップがありますよね~

私も・・・、ずっと迷ってはいましたが、ケアマネを受験する方向で考え始めました
ケアマネの仕事をするかしないかは別に考え、取得しておいた方が良い事が分かりました
(こーゆー人が増えるからペーパーケアマネが増えるのです)
受験するなら去年が良かったのですが・・・後悔しても遅い
でも、これから考えるなら絶対に今年の受験が良い事が分かりました

なぜなら・・・
27年4月から法改正になります
その中でも、介護サービスの自己負担額が1割2割に倍増するのはかなりイタイですね~

法改正の理由は、
高齢者が急増しているため
  (団塊の世代が高齢者になり始めました)
ケアマネのレベルを上げるため
などです

カンタンに言うと・・・
やっと・・・キチンとまともな制度になって行くという事でもあります

前回に大改正があったので、今回は介護保険制度自体は前回ほどは大幅ではありませんが、
なんと
ケアマネの試験がまた改正されてしまいます
ネット上で色々な情報が溢れている為に、県庁に問い合わせてみました

今年(平成27年度)からの改正内容
受験資格が狭くなる
  法定資格が限られます
    介護福祉士
    ヘルパー2級
解答免除が廃止される
  全員が全ての分野で同じ問題です
この2つだけです

試験の問題数が増えるという情報もありますが、今年はないそうです
また、受験資格である実務経験の年数も変わらないそうです
介護の経験という条件もないようです
(私の場合は、看護師の経験が5年間あれば、病院でも介護施設の経験でも合算して良いそうです)
必要以上に不安にならない様にしましょう~

そして何より・・・
来年(平成28年)からは、研修が変わります
研修が大幅に増える
  (44時間87時間)
研修の項目が増える
  (認知症・リハ・看護・福祉用具・医療との連携など)
研修終了後にテストがある
  (不合格の場合は、翌年はまた試験から)
そして、来年こそは・・・
試験の問題数が多くなり、難しくなるかも
(44問→200問へ)
   
ということで、今年チャレンジする事にしました

さらに・・・
今後は国家試験にする方向で検討されています
もし・・・、例えば・・・
受験資格に、大卒以上などの学歴の条件などを出されたら・・・私は完全にアウトです

以前に独学であまり勉強をせずに受験して不合格だったので、通信教育を受講する予定です
私みたいにあまり勉強をしないで受験する人がとっても多いので、合格率が低いのだと思います
また、5回以上受験している人が多いので、何年間も勉強を続けるモチベーションを維持する事や書類作成などの手間、受験料などを考えると通信講座の方が安いと思いました

通信教育も、どこの通信教育を受講しようか検討しましたが、ユーキャンを受講する事にします
決めた理由は、質問回数が無制限だからです
分からないから勉強を始めるのに、質問回数に制限がある通信教育もありましたが、質問回数に制限があっては意味がありません
ユーキャンの場合は、これから受講すると、本年度の試験と、不合格の場合は来年度の試験までを追加料金なしでフォローしてくれるようです
また、オプションコースで有料ですが、3日間の対面講座を受講出来るようです
今からやれば・・・合格出来る確率が十分にあります


私と同じくケアマネを目指される方からのコメントをお待ちしています
合格目指して頑張りましょうー

クリックをお願いします
  ↓
 にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

ご登録お願いします
Subscribe with livedoor Reader
ブログの更新をお知らせできます